Kawada's Game Diary

スマホアプリを独自の視点で攻略するブログ

【黒い砂漠モバイル】レンジャーのPvP考察

現在私のメインキャラクターはレンジャーです。

今回は、各相手ごとの立ち回りや現在私が使用しているPvP用のスキルセットを紹介していこうと思います!

闘技場におけるレンジャーの立ち位置は?

使っていて非常に面白い職だと思います!
ざっくりと盾持ち職(ウォーリアやヴァルキリー)にはとても辛く、その他の職(ジャイアントやウィッチ)とは戦いやすいと思います。
なので、職の強さとしては中堅くらいかなぁと思っています。
「盾持ち職には絶対かてない!ムリ!」と思っていた時期もありましたが、職ごとの特性や立ち回りを見直して勝てる機会も増えてきました。
同戦闘力程度の友人のヴァルキリーと親善試合でいろいろ試していますが、ヴァルキリーは強いですねぇ。。
まだまだ立ち回りやスキルセットに関しては一考の余地ありといった部分なので、それを踏まえたうえで参考にしていただければと思います。

レンジャーの強いスキル

現時点で私がPvPにおいて強いと思うスキルを記載します。(Lv55に達していないため55スキルに関してはまた別の機会に。。。)

  • 回避ブラストショット
    レンジャーの要です!スキルモーション中は無敵という破格のスペック。
    ローリングとうまく組み合わせて使うことで緊急回避が何度も打てる優秀すぎるスキルです。
    また、長押しで性能が変わり、長押ししないとヒット時のよろけから後述する死神の疾風へと繋げられ、派生させるとその間も無敵+矢をばら撒きながら後方に下がれるという隙の無さ。
  • 死神の疾風
    回避ブラストショットからの派生ができる唯一のスキル。回避ブラストショット派生なし→死神の疾風で確実にダウンを奪えるレンジャーの生命線。
    ただし、単発で使っても動いている相手には当たりません。直線で向かってくる相手には当たりますが、スーパーアーマーだと倒れません。大体直進してくる場合はアーマーがついていると思っていいです。なので単発スキルとしては強いスキルではありませんし、あまり使いません。
  • ブルームショット
    地味ですが、めちゃくちゃ強いです。グルグル逃げている相手に当てられる数少ないスキルです。
    HPがぎりぎりの状態の相手が距離をとって回復しようとするときに重宝します。最後の一押しという時や序盤のけん制に使えるスキルですね。
  • パワーブレイドアロー
    単体に対しておそらく一番火力の出るスキルです。
    深化が済んでいれば、攻撃力の100%以上の攻撃を7連打します。
    回避ブラストショット1段→死神の疾風→パワーブレイドアローが最大ダメージコンボです。
  • カットスロートアロー
    パワーブレイドアローの本数を落として自身の回復をする版です。
    回復量は100も無いのでパワーブレイドアローでいいかと思いますが、スキルスロットが余っていれば入れてもいいかもしれません。
    どちらかというと狩り向きと思うので私は不採用です。
  • スピンアロー
    火力の高い硬直付スキルです。
    発射後の着弾が早いので何かと便利です。パワーブレイドアローがCT中のときのコンボサブプランとして使うことが多いです。
  • 大地の使命
    回復スキル+防御バフです。
    これまた回避ブラストショット1段→死神の疾風→大地の使命とやることで安全に回復できます。
    地味に防御バフもあるのでその後の被弾も多少軽減されるため重宝します。 ワンコンボで終了するような大味なPvPではないことと、タイムアップになったときは残りHP量で決着がつくので採用しています。
  • マルチアロー
    前方に大量射出する技です。
    おそらくガードが割れます。(盾によるガードは通常攻撃4発で割れてのけぞります。)
    Lv50になりたてで使用感がまだあまり分からないため一旦不採用としましたが、今後のスキルセットの見直し次第では入ってきます。

対戦相手別の立ち回り

※各職のスキル名など一部不明確な部分がありますので、その点ご了承ください。

対ウォーリア

火力が高いので、状態異常系の技からのコンボをしっかり決められるとつらいです。
ですが、遠距離をキープしていればある程度警戒する技が減ります。槍を投げてくる技だけは食らわないように意識しましょう。ヴァルキリーと違いモーションを見てからローリングで回避可能です。
近距離職は基本的にはスーパーアーマーで距離を詰めてくるため、寄られたら回避ブラストショットなどで間合いを取りながら死神の疾風をチェーンさせダウンが取れれば追撃or回復という基本姿勢で戦いましょう。
回避ブラストショットの1段目を当てようとムリに近寄るのは危険です。

対ヴァルキリー

基本戦術はウォーリア戦と同じですが、十字架が振ってくるダウンを取れるスキルは、モーションを見てから回避が困難です。
そのため、そのスキルを軸に連携されない距離まで離れるor50%でダウンしないことを祈るくらいしかできません。
そういった意味ではウォーリアよりもジリ貧になって体力負けするパターンが多いです。
けん制でローリングを見せつつこちらから攻撃を仕掛けに行ったほうが良いかもしれません。

ジャイアン

遠距離にいればほぼ警戒すべきスキルはないです。(闘技場で戦った限りは遠距離攻撃をされた記憶がありません。。)
距離だけを詰められないように回避ブラストショット2段目まで出し切って距離を離すことを最優先で動き、相手のスーパーアーマーの切れ目に状態異常を狙うといった戦い方になります。

対ウィッチ

発生の早い状態異常の技がありますが、スーパーアーマーを持つスキルが少ないためこちらも遠くからダウンを狙いましょう。
ローリングを駆使しながら狙い撃ちができればダメージソース勝ちできる展開が多いです。

対レンジャー

一番正解が分かっていません。
回避ブラストショットの終わりに状態異常を狙っていくのが賢明でしょうか。。

スキルセット公開

私の現在のPvP用スキルセットです。
f:id:kawada3:20190305130627p:plain

両ページに回避ブラストショットと死神の疾風を入れています。
単純に使用できるスキル数が減ってしまうので、今後火力不足などを感じたら片方のページだけにするかもしれませんが、ミス無く回避できるようにするためにあえて両方に設定しています。
また、近距離スキルは1つも搭載していません。近距離スキルは火力が高いものが多いのですが、近距離で戦うメリットがレンジャーには薄いと感じたからです。今後は立ち回りを見直して近距離スキルばっかりになる、なんていうことも無くはないです。

スキルセットはまだまだ研究途中で全く正解が見つかっていないので、こんな感じのセッティングもあるんだな~程度に見ていただければと思います!


PvP自体が戦闘力が近ければ楽しいので、まだまだ煮詰めていけたらと思います!

それでは、また!

Copyright © NEXON Korea Corp. & NEXON RED Corp. & NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright © SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyright © Pearl Abyss Corp. All rights reserved.